So-net無料ブログ作成
検索選択

Zepp Namba(OSAKA)に行って来ました。 [05/16] [Live]

最近の「アクセス解析」を見ていると4月27日に「大阪・南港」から「大阪・なんば」に
移転オープンした「Zepp Namba(OSAKA)」に関する記事にアクセスが集中していること
が分かりました。「書きます」と予告をしておきながら、まだ記事を掲載していなかった
私が参戦した『Zepp Namba OPENING SPECIAL FM802「Party Nations 2012」』
から「Zepp Namba(OSAKA)」についてまとめてみることにします。

DSC03182.jpg
【「Zepp Namba(OSAKA)」のロゴは黄色です。】

「大阪・なんば」に移転し「Zepp OSAKA」は名称を「Zepp Namba(OSAKA)」に変更
しています。これからは「Zeppなんば」と呼ばれることになると思うのですが、私のBlog
「kuma's eye」では、長くなりますがロゴにもある正式な名称「Zepp Namba(OSAKA)」
と今後も表現することにします。(旧「Zepp Osaka」とも区別をするためです。)


早い機会に「Zepp Namba(OSAKA)」へ行くことは出来ないものか?といろいろと調べて
いたところ『Zepp Namba OPENING SPECIAL FM802「Party Nations 2012」』に
「mihimaru GT」が出演することを知り、すぐにチケットを確保しました。今回は新しい
「Zepp Namba(OSAKA)」の雰囲気を味わうことを目的にしていたので、あえて2階席に
してみました。1階のオールスタンディングだと、じっくり「Zepp Namba(OSAKA)」を
見ている余裕もありませんので・・・。

まずは「アクセス」からまとめてみることにします。以前に書いた記事で大阪市営地下鉄
「大国町駅」の「3番出口」からのルートを書きましたが、今回はどちらが分かりやすく
便利かということを確かめる意味でも北側の「1番出口」から地上に上がってみました。
地上に上がって、すぐ南方向に「吉野家」が見えます。ここが角になっていますので左折
します。しばらく東方向に歩いていくと「木津公設市場」が見えて来ます。

DSC03145.jpg
【目印の「木津公設市場」。】

この「木津公設市場」が「Zepp Namba(OSAKA)」への目印となります。この東側にある
道路が「パークス通り」で「Zepp Namba(OSAKA)」のある再開発エリア前になります。
この道を歩いて行くと南側の高層マンションが見えてきます。明らかに「3番出口」より
「1番出口」の方が近く分かりやすいですね。

DSC03148.jpg
【正面に「Zepp Namba(OSAKA)」が見えます。南側は搬入口のようです。】


【「Zepp Namba(Osaka)」周辺。(Mapion様の「地図ガキ」を利用しています。)】
(クリックすると拡大表示します。)

「Zepp Namba(OSAKA)」の正面は北側となり、エントランスは建設中のマンションとの
間になる東側になります。少し分かりにくい場所ですが、入場整理の列を向かい側の歩道
も使用して作るので、人の流れについて行けば大丈夫です。ただし、旧「Zepp Osaka」や
私がLIVEで参戦したことのある東京・名古屋・福岡の「Zepp」は周辺が広場や空地なので
歩道などを入場整理に使用しても問題はないように思いますが「Zepp Namba(OSAKA)」
の場合は比較的メインの道路に面していることや住宅地にも近いことから、公道の使用を
しているので入場を待つ間のマナーや誘導員の指示はしっかりと守りたいものです。

DSC03161.jpg
【北側(「なんば」より)がエントランスになっています。】

旧「Zepp Osaka」と同じく「ロッカールーム」には外部から入ることも可能です。新しい
「Zepp Namba(OSAKA)」のプレートがある付近が目印です。「ロッカールーム」の表示
もされていますのでご安心を。

DSC03163.jpg
【「Zepp Namba(OSAKA)」のプレート。】

DSC03173.jpg
【夜はライトアップされています。】

エントランスは以前よりシックなイメージがします。また、北側の壁面に取り付けられて
いるものと同じ「Zepp Namba(OSAKA)」のプレートがあります。

DSC03166.jpg
【「Zepp Namba(OSAKA)」のエントランス。】

エントランス周辺には植樹帯もあります。「Zepp Namba(OSAKA)」は全体的に壁面緑化
を行っているので、日陰となるエントランス部分(東面)は植樹帯でカバーしている感じ
がします。また、再開発地域の関係からか門扉にはこんなアクセントが付いています。

DSC03172.jpg
【電車の「レール」が門扉の壁にアクセントで載せられています。】

「Zepp Namba(OSAKA)」の周囲は「南海電鉄」が中心となって再開発を進めていた場所
です。この門扉の壁にアクセントで載せられた「レール」もすぐそばを走る「南海電鉄」
で実際に使われていたものかも知れませんね。

SN3T0422.jpg
【エントランスのプレート。】

それでは「Zepp Namba(OSAKA)」の内部の様子についてもまとめてみることにします。
エントランスから先は「カメラの持込禁止」ですので、文章だけとなりますが、ご了承を
願います。エントランスを入ると以前よりも広めのロビーになっています。右手手前側に
グッズなどを販売するエリア、中央に2階席への階段、奥にドリンクカウンターと言った
配置になっています。左手は1階の客席になっており、ドリンクカウンターの向かい側に
喫煙スペースがあります。外から見ただけですが、古い実物のスピーカーをブロック状に
積み上げて壁面にしており、灰皿自体もスピーカーを加工して灰皿埋め込んだものです。
なかなか面白いものです。

1階は「オールスタンディング」となることが多いので、旧「Zepp Osaka」と同じ感じが
しますが、大きく違う点は「Zepp Tokyo」のように全面にスタンド(ポール)があること
です。1階も座席で行うLIVEがあるので実際には取り外しが出来ると思うのですが何かの
記事で内部の写真を見かけた1階には一定の間隔でポールが立っています。もたれること
が出来るので「オールスタンディング」のときは良いかも知れませんが注意が必要です。

2階席は、以前よりもゆったりとしており「とても見やすい」という印象を受けました。
私は最後列の一番右端(K列の40番)だったのですが、傾斜も緩やかで座席と座席の間隔
も広く十分に動けるスペースがあります。また、列ごとの段差があるので座ったままでも
ステージ全体が見渡せます。旧「Zepp Osaka」との大きな違いは座席と通路の配置です。
記憶では旧「Zepp Osaka」の2階席は最前列から客席に入って、中央に2ヶ所あった通路
から両サイドに分かれるようになっていたと思います。「Zepp Namba(OSAKA)」では
座席位置によって上がる階段が分けられており、1番から20番までが手前、21番から40番
が奥になります。そして、2階席出入口のドアは最前列のA列1番または40番横の通路に
なります。もちろん最後部にも出入口のドアがあります。トイレも最前列側出入口のドア
の手前に広くゆったりとしたものがあります。

気になる座席配置ですが縦はAからK列までの11列、横は1番から40番までになります。
その並びはこんな感じです。

 (A列)ドア→■ □1から12□ □13から28□ □29から40□ ■←ドア
   ↓     通       通        通        通
   ↓     路       路        路        路
 (K列)     □1から12□ □13から28□ □29から40□ 
     ドア→■         -通  路-          ■←ドア

センターは20・21番の間になります。座席数だけでも11(AからK)列×40番ですから、
座席だけでも440席、最後部の通路も入れると余裕で2階部分だけでも500名は収容可能
な感じがします。「Zepp Namba(OSAKA)」の収容人数は2500名ですから、1階席が
「オールスタンディング」で2000名、2階席が座席+立見で500名という単純計算になる
ように思います。旧「Zepp Osaka」が「オールスタンディング」で収容人数は2180名
(1階席が2000名、2階席が180名)なので、実質1階席は以前と変わらない感じですが
2階席は旧「Zepp Osaka」が1列あたり36席だったので「Zepp Namba(OSAKA)」
は幅が4席+両サイドの通路分広くなっているので、実質1階席は以前よりも少し広めに
なっており、2階席は約3倍の座席数になっています。ゆったりと見たい人には、2階席を
「Zepp Namba(OSAKA)」はお勧めが出来ます。

DSC03170.jpg
【エントランス側の「Zepp Namba(OSAKA)」のロゴ。】

この日のLIVE「Party Nations 2012」は何と「mihimaru GT」がトップでした。サポート
メンバーがダンサー2人だけという簡易スタイルでしたが「気分上々↑↑」などでかなり
盛り上げてくれました。新曲の「プロペラ大回転」や「CHAGE&ASKA」の名曲「SAY YES」
のカバーを聴けたりとなかなか聴きごたえのある「mihimaru GT」のLIVEでした。今回は
都合もあったので「mihimaru GT」だけを聴いて自宅に戻りました。

音響面では旧「Zepp Osaka」の雰囲気があるかなと感じました。まだ音響機器も完全には
慣らしが終わっていないとは思いますが「Zepp」の音には違いありません。

「Zepp」と言えばオリジナル「ドリンクホルダー」を忘れてはなりません。「Zepp」で
回収された飲み終えたペットボトルをリサイクルして作られているグッズです。記事でも
書いたことがあるのですがみなさんは「Zepp」の「ドリンクホルダー」がとても「エコ」
なものであることをご存知だったでしょうか。「ドリンクホルダー」自体にもそのことが
「THIS DRINK HOLDER IS MADE OF RECYCLED MATERIAL FROM PETBOTTLES
IN Zepp.」と書かれています。手元にある方は一度、じっくりとご覧になってください。

DSC03346.jpg
【最新の「Zepp」オリジナル「ドリンクホルダー」。】

DSC03344.jpg
【「Zepp Namba」の文字もあります。】

DSC03343.jpg
【「Zepp Namba」と同時オープンの「Zepp DiverCity」の文字もあります。】

この「ドリンクホルダー」の最新版が画像のブラックのもので、光沢のある仕上げです。
新しいものに「Zepp Namba」と同時オープンの「Zepp DiverCity」の文字があります。
「Zepp」に行くたび、この「ドリンクホルダー」をもらうのが楽しみの私です。ちなみに
ドリンク引換え用のコインは「Zepp Osaka」時代のものを使用しています。

以上「Zepp Namba(OSAKA)」のレポートでした。


*更新記録*
「ドリンクホルダー」の話題を書き忘れていましたので追記しました。(2012.05.17)

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

匿名の関西人

はじめまして。

近々Zepp Nambaに行く予定のため、ネットで検索し、このブログにたどり着きました。

座席は2階席なのですが、どのような感じかよくわかり、とても参考になりました。

ありがとうございました。
by 匿名の関西人 (2013-07-13 23:24) 

kuma.

匿名の関西人 さん

「kuma's eye」管理人のkuma.です。

簡単に書いた図ですが、雰囲気を理解して戴けたようで嬉しいです。
私もすでに数回、行っていますが楽しみ方で1階席、2階席と使い
分けるのも良いかと思います。

どうぞ、LIVEを楽しんできてください。

by kuma. (2013-07-14 01:44) 

BLUE SKY

こんにちは、初めまして!

もうすぐ初めて参戦するZepp Nambaの予習を兼ねて
こちらに立ち寄らせて頂きました。

行き方も建物の様子もとても参考になり、
無事に辿り着けそうです。

1Fは後方までスタンド(ポール)があるんですね!
今回、背が低い上に整理番号が良くないので諦めていたのですが
スタンド(ポール)があるならある程度ゆったりするので
ステージも見える…かな??

楽しんで来ますね!
ありがとうございました。


by BLUE SKY (2013-08-09 01:55) 

kuma.

BLUE SKY さん

「kuma's eye」管理人のkuma.です。
コメントをありがとうございます。

以前の「Zepp Osaka」ではなかったスタンドポールが結構狭い間隔
でありますね。私も4月に1階で見ていましたが、先行でチケットを
確保していたのですが、ほぼ200番に近い100番台後半で諦めて
いたのですが、以外にもみなさん最前列を目指すのではなくもたれる
ことが出来る場所を求めることが多いので、上手く行けば近くで見る
ことも可能ですよ。ここは運次第ですが・・・。

何よりも情報がお役に立てたこと、嬉しく思います。
これからも機会があるごとにこのような記事も書きますので、参考に
なさってください。

とにかく「Zepp Namba」での公演、楽しんできてくださいね。


by kuma. (2013-08-11 00:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。