So-net無料ブログ作成
検索選択

KOBE MEETING 2014 【私の1.17 2014 Part.2】 [Live]

(01/17)

私の1月17日は「阪神・淡路大震災」が発生した午前5時46分に「東遊園地」で行われる
「1.17のつどい」とその夜に開催される神戸在住のシンガーソングライター平松愛理さん
プロデュースのLIVEイベント「KOBE MEETING」に参加することで私自身が「1.17」と
いう日を忘れることがないようにしています。今年も「1.17のつどい」に参加してから、
出勤をして夕方には「KOBE MEETING」に参加するため再び神戸に戻ってきました。

写真-4.JPG
【「KOBE MEETING 2014」のポスター。】

「KOBE MEETING」は「阪神・淡路大震災」から2年後の1997年1月17日に開催されて
から今年で17回目になります。「音楽を通しての被災者への鎮魂と被災地の復興」という
当初のコンセプトは17年経った今も変わっていません。そのため、2012年3月11日に発生
した「東日本大震災」への復興支援にも積極的に平松愛理さんは「KOBE MEETING」に
出演する神戸で活動するアーティストの皆さんとともに取り組んでおられます。

「KOBE MEETING」の収益金は「あしなが育英会・神戸レインボーハウス」へ寄付され
「東日本大震災」発生以降はその一部が「東北レインボーハウス」設立基金に充てられて
います。


毎回、趣向が異なる「KOBE MEETING」は今年は2部構成で前半はステージにソファー
を置いて、平松愛理さんの部屋に神戸で活動するアーティストが遊びに来るという設定で
各アーティストと平松愛理さんのコラボを交えたLiveでした。後半は平松愛理さんのLive
と続きます。

写真-1.JPG
【今年のリーフレットの裏面には、メッセージが書かれていました。】
(クリックすると、別ウインドウで拡大表示されます。)

開演の前に「KOBE MEETING」では1995年1月17日の「阪神・淡路大震災」で被災し、
無念にも旅立って逝かれた方に鎮魂を込めて黙祷を行います。そのあと、今年は平松愛理
さんがアカペラで「アメイジング・グレイス」を歌われました。さすがは「ハモネプ」で
優勝した中西圭三さん率いるアーティストグループ「なかよし圭三」のメインボーカルを
務めた実力です。すばらしい歌声でした。

さて前半の1部は神戸で活動するアーティストが平松愛理さんにおみやげを持って部屋に
やって来るのですが、そこに登場したのは出演順に

 ・Permanent Fish
 ・Cooly High Harmony
 ・Baby Boo(音声のみの出演)
 ・Unlimited tone
 ・ワタナベフラワー

の5組でした。
各アーティストがオリジナルの楽曲を2、3曲歌った後に平松愛理さんとコラボを1曲と
いう感じです。コラボは神戸にゆかりの楽曲が中心です。セットリストは

 ☆「しあわせ運べるように」  (Permanent Fish & Cooly High Harmony)
 ☆「DABADA(ネスレCMソング)」(Baby Boo & Unlimited tone)
 ☆「Down Town(EPO)」   (Unlimited tone & ワタナベフラワー)

でした。

「しあわせ運べるように」はもうご存知のとおりです。「DABADA」は協賛している神戸に
日本本社を置く「ネスレ」の言わずと知れた「ダバダー」で始まるコーヒーのCMソング。
今は「Dreams Cone True」ですが、その前「Baby Boo」だったのです。以外にも知られて
いない美声の主が「Baby Boo」なのです。やはり生で「DABADA」を聴きたかったですね。
ラストの「Down Town」は、おみやげに持ってきたのが神戸の中華街「南京町」で非常に
有名な「豚まん」だったことに引っ掛けての選曲だったようです。

写真-5.JPG
【エントランスのお花。】

10分の休憩を挟んで、いよいよ後半の平松愛理さんのLiveです。私が「KOBE MEETING」
に参加するのも今回で4回目となりますが、生でフルコーラスで聴きたい楽曲は今年こそは
聴くことが出来るのでしょうか?。セットリストは

 *花と太陽
 *いいんじゃない?
 *虹がきらい
 *部屋とYシャツと私
 *「KOBE MEETING」スペシャルメドレー
  ・月のランプ
  ・もう 笑うしかない
  ・マイ セレナーデ
  ・戻れない道
  ・素敵なルネッサンス
  ・Single is Best!?
  ・駅のない遮断機
 *南町から
 *美し都 -がんばろや We love KOBE-

でした。

ほぼ定番のセットリストです。やはり今年も「素敵なルネッサンス」はメドレーでした。
しかし「虹がきらい」がフルコーラスで入っていたのには驚きでした。ラスト2曲は神戸
に想いを寄せた楽曲です。「南町から」は平松愛理さんが生まれ育った神戸市須磨区南町
から見た神戸の四季を歌詞に綴った楽曲です。歌詞を読んだだけでその景色が目に浮かび
ますね。そして最後は「美し都(うましみやこ)-がんばろや We love KOBE-」です。
この「美し都」のコーラスには、昨年末に旅立って逝かれた島倉千代子さんもコーラスで
参加されていました。そのため今回は「阪神・淡路大震災」で旅立って逝かれた方々への
鎮魂と島倉千代子さんへの哀悼を込めて歌われました。やはり「美し都」はメロディーと
歌詞のきれいな愛する神戸に対する想いがたくさん込められた1曲です。

アンコールでは出演者全員が登場し「KOBE MEETING」の収益金を「あしなが育英会・
神戸レインボーハウス」へ寄付をする目録が平松愛理さんから代表者に手渡されました。
最後は「ビートルズ」の「Hey Jude」で「KOBE MEETING 2014」は終了しました。

写真-3.JPG
【協賛のネスレさんから来場者全員に「キットカット」のおみやげ付きです。】

終演後、平松愛理さんを始め出演者全員がエントランスで見送ってくださいます。その際
平松愛理さんは来場者全員と握手を交わして「キットカット」を手渡してくれるのです。

「KOBE MEETING」の「音楽を通し被災者への鎮魂と被災地の復興」というコンセプト
に私は賛同します。これからも「1.17のつどい」と同様に私の中で「阪神・淡路大震災」
を忘れないためにも「KOBE MEETING」が続く限り参加を続けていきます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0