So-net無料ブログ作成
検索選択

娘と私のXデー(笑)。 [05/30] [小学校]


ちょっと大げさなタイトルですが、ついにこの日が来てしまいました。何が「Xデー」か
というと、娘が私の勤務先に社会見学でやって来たのです。以前にも環境に関係する施設
に勤務しており、小学生が見学に来ることが多く、その対応をしている話を記事に書いた
こともあったかと思います。まさか、自分の娘を勤務先でそれも仕事で相手をするという
また、娘からすると、社会見学に行く先がお父さんの勤務先で対応をするのもお父さんと
いうことはあり得ないことでしょう。だから「娘と私のXデー」という訳です(笑)。


私が今の勤務先に異動して18年目になります。もう、しっかりと根付いてしまいました。
今では他の部署を含めて周囲から「主(ヌシ)」とか「影の所長」などとも言われており
欠かせない存在であることは間違いないようです。小学校の先生の間でも私のことは有名
なようで、時々小学校から授業にお声が掛かることもあります。

私が社会見学の相手をするようになったのは、たしか異動して2年目のことでした。当時
上司の係長が楽しみながら相手をしていたのを手伝っていたのですが、その係長が休暇中
大怪我をしてしまい、しばらく出勤出来ない状況になってしまったのです。そこで、以前
の所属でも社会見学の相手をしていた経験のある私が中心となって、係長が回復するまで
対応することにしたのですが、気がつくと社会見学の相手が私の担当になっていました。

元々、学校の先生を目指していたこともあったことや、結構、小学生の相手も面白いので
仕事の気分転換にもなるので楽しんで社会見学の相手をしてきました。そこから18年もの
年月が経つと、いろいろと面白いこともあります。小学校で社会見学に来て、中学・高校
の総合学習で再び来る子供もいれば、小学生で私の説明を聞いた子供が先生として引率を
してくることもあります。もちろん、私が小学校時代にお世話になった担任の先生なども
くることがあります。さすがに担任の先生が来ると、私の授業を見られている感じがして
恥ずかしくなりますね(笑)。

そして、今年は自分の娘を社会見学で相手するということになったのです。恥ずかしいと
言う部分もあるのですが、本音はとても嬉しいことなのです。小さいときに私が忘れ物を
したときに娘を勤務先に連れて行ったことはあるのですが、そのときに社会見学のときに
相手をしてあげれたらなという、実は密かな夢を持っていたのです。それが今年叶ったと
いう訳です。

娘にお父さんの勤務先に来ることは恥ずかしくないのと聞いてみると「別に」と以外にも
素っ気のない答えでした。実際にはどうなのか分かりませんが、娘にしてみたら社会見学
に行った先で自分のお父さんが相手をしてくれるということが本音は誇らしかったのかも
知れません。

特別なことは何もしていません。自分の娘がいること、近所の知っている子供がいること
自分の母校の後輩にあたる子供がいることというプレッシャーが掛かると自然に説明にも
熱が入りますね。どこの小学校でもそうなのですが中途半端なことは教えたくないという
想いがいっそう強くなりました。その想いが娘や近所の子供、後輩達にどのように映った
のか本音が知りたいところです。

私の勤務先と類似する他の機関では「子ども参観日」として、自分の親が働く姿を見せる
ことを実施しているところがあります。私もこの考えには賛成で是非とも私の勤務先全体
でも取り組んで欲しいことだと思っています。なかなか自分の親が働いている姿を実際に
見るということはありませんね。私自身も知りません。私はせっかくのチャンスなので、
小学校の社会見学という機会を利用させて戴いて実践をしました。自分自身にとっても、
本当に良い機会だったと感じています。

今年異動をした同僚からは、自分の娘を相手して「燃え尽き症候群」にならないようにと
忠告を受けています(笑)。まだまだ、小学校の社会見学は始まったばかりで、これから
夏休みの始まる7月中旬までほぼ毎日が小学生の相手です。子供らはかなり手強い専門家
ですから、ぶっつけ本番の質問タイムでは私1人に対して、小学生100人前後からの質問
ぜめにあいます。私はぶつけられた質問をその場ですべてを即興で答えます。多少、答え
の内容が間違っていても良いのです。質問をした子供にちゃんと答えてあげるということ
が何よりも大切なことなのです。ここがその施設で働くプロとしての役割ではないかなと
感じる部分でもあります。

まあ、何より今年1発目の小学校の社会見学で無事に娘の相手が出来たことにホッとして
いるというのが正直なところです。ちなみに「娘と私のXデー」というのは、妻が付けた
ものです。


*追伸*
 長い間、記事の更新も行っていない状況の中、2014年05月15日の23時に総アクセス数が
1400000件を越えました。アクセスの状況などを見ておりますが、更新をしていなくとも
毎日、多くの人にご覧戴いていることを嬉しく思います。仕事などで忙しく、記事の更新
がままならない状況にありますが、この「kuma's eye」は可能な限り、続けて行きます。
どうぞ、キマグレ更新ではありますが、引き続きお付き合い戴けましたら幸いです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0